グルメ

蒲田のお魚イタリアン「トラットリア・エムズ」のランチをご紹介!

大田区・蒲田で創業20年超えの老舗イタリアン、トラットリア・エムズ。

新鮮な魚介をたっぷり使ったメニューが多く、お魚イタリアンの名も。

地下にあるためなんとなく通り過ぎていましたが、入ると予想外に明るい店内。

ランチタイムは1,000円でドリンクとサラダ付きで、通いたくなる味とボリュームです。

pranzo Aの1,000円ランチの内容は…

ランチメニューのpranzo Aはドリンクもしくはサラダ+メインで900円。

ドリンク+サラダ+メインだと1,000円。

一番メジャーなランチで多くの人がこれを注文。

選べるドリンクはコーヒー、紅茶、アップルジュースなど種類多め。

サラダは細切りとなった、大根、ニンジン、きゅうりがメインで

上に鰹節とガーリックチップ、玉ねぎドレッシングがかかっています。

ボリュームがありますが、とても細くスライスされているので

食べやすいサラダ。

2回ランチで訪れて、このサラダだったので定番なんだと思う。

大根と鰹節でさっぱりした味。ガーリックチップのカリカリがいい感じ。

メインは数種類から選択可能。

こちらはナポリタン。

ケチャップの甘くて濃い味がたまらない。

ベーコン、ピーマン、玉ねぎがたっぷり入っていて、ボリュームあり。

パスタの程よい弾力とソースと具が絡んで、久々に美味しいナポリタンを食べた。

日替わり料理であった、魚のホワイトシチュー。

バターライスにゴロゴロっと白身魚の具入りシチューがかかってます。

具は他にジャガイモとニンジン。

チーズの風味も入ったホワイトシチューは塩気が強め。

淡白な白身魚を、バターと塩気のホワイトソースで補って

マイルドな中にも存在感。

流石、お魚料理が得意なだけある。

pranzo Bの1,500円ランチの内容は…

前菜2種盛り、パン、サラダ、メイン、プチドルチェ、飲み物が付いた

pranzo Bは1,500円。

前菜の1つはアンコウのエスカベッシュ。

ふわっとした白身、マリネされて柔らかくなった衣。

これは白ワインが欲しくなる味。

なんで緊急事態宣言下はアルコール不可なんだろう。

大人数でわいわいするわけでないなら、OKにしたらよいのに。

もう一つの前菜は鳥のささ身みたいなもの。

マヨネーズを使ったソース付。

前菜が付いているけど、これにAコースでも選べる同じサラダもついてくる。

だから結構ボリュームあり。

パンは、釜揚げしらすのブルスケッタ、ガーリックトースト、バゲットから選択。

しらすが好きな人はブルスケッタは嬉しいだろうな。

苦手だからガーリックトーストにした。

メインも複数選べますが、今回は自家製ラザニアを選択。

お店の人気メニュー。

あっつ熱のぐつぐつ状態でやってくるのでフゥフゥしながら頂く。

ミートソースのお肉がゴロゴロしていて、食べ応えあり。

ラザニア用パスタは少な目で、ミートソースとホワイトソース、チーズをたっぷり堪能できる。

食後のプチデザート。

この日はココナッツミルクとオレンジのムース。

夏らしい爽やかな味。

ディナータイムも行ってみたい!蒲田のお魚イタリアントラットリア・エムズ

お店が地下にあり、行ってみるぞ!という気にならないと目につかないのがもったいない。

店内の遊び心あふれたインテリアや、感染対策ばっちりのパーテーションに驚きでした。

もっと早く訪れておけばよかった…

ディナータイムは生ハム盛り合わせや、各種ブルスケッタもあるので

お酒が解禁になったら夜に是非行ってみようと思う。

※訪問時期…2021年7月下旬

Trattoria M‘s(トラットリア・エムズ)

〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目28−18

京急EXイン蒲田 B1F

-グルメ

© 2021 ときめきライツを探して Powered by AFFINGER5