福岡

石村萬盛堂の鶴乃子は東京にない福岡土産で超お勧め!高級マシュマロと那の香が最高に美味★

投稿日:

福岡マシュマロ3

福岡のお土産で必ずといっていただくのが「博多通りもん」。

確かに美味しいけどさぁ…貰うことが多すぎなんだよ…。

もっと他に福岡だからこそ買えるお土産ってないの~!?

そんな風に思っている方にお勧めなのが石村萬盛堂さんの鶴乃子です。

ホワイトデー発祥はここのマシュマロ『鶴乃子』から始まったとも言われている名店。

今回はこちらで購入した鶴乃子と那の香の味をご紹介します。

創業明治38年の歴史ある石村萬盛堂!高級マシュマロの味に驚き★

福岡マシュマロ2

今回訪れたのは石村萬盛堂 本店。

「銘菓 鶴乃子」が有名で暖簾にも鶴乃子が描かれています。

博多オークラ24

たまたま、石村萬盛堂本店の向かいにあるホテルオークラに宿泊していて。

ホテルからマリンメッセ福岡に歩いていくときにこのお店に気づきました。

重厚な店構えが気になり検索すると超有名なお店と判明。

博多のお土産で「通りもん」しか頂いたことがなかったので

他の有名な博多土産(お菓子)を知らなかったんです。

福岡マシュマロ12

店内は広くて綺麗。

福岡マシュマロ13

これが看板商品の鶴乃子。

マシュマロは洋風なお菓子と思っていましたが、

中に黄味の餡が入った和風マシュマロ。

一つ一つ丁寧に包まれて高級感のあるマシュマロです。

福岡マシュマロ11

お茶とあまおうイチゴミルク鶴乃子をサービスしてもらえました。

あまおうの餡を練乳を練りこんだマシュマロ生地で包んだ季節限定商品。

一口食べて驚き。

今まで食べたことのないマシュマロの柔らかさ。

イチゴの餡と練乳生地マシュマロは甘いんだけどくどくなく。

ふんわりととろけてしまうから何個でも食べてしまいそうになる。お買い上げ決定!

高級マシュマロ『鶴乃子』実食!白くて…まぁるくて…柔らかなお菓子はほんのり優しいお味★

福岡マシュマロ18

石村萬盛堂で購入したのはこちら。

福岡マシュマロ19

銘菓 鶴乃子(7個入り)…820円(税込)

鶴をイメージした丸いパッケージ。

福岡マシュマロ21

包装紙だけでなく、容器も鶴が描かれています。

福岡マシュマロ21

1つ1つ丁寧に包装。

マシュマロが包まれているとは思えない美しさ。

福岡マシュマロ22

包みを開けると卵のような美しい白い楕円形。

ぷにぷにした感触も気持ちが良い。

約5.5cmの長さ、マシュマロにしては大きめなのが特徴的。

福岡マシュマロ23

中には黄味餡。割ってみるとまるでゆで卵のような。

黄味餡は和菓子特有の甘さがあるけど、白いマシュマロ部分は甘さ控えめ。

何より口に入れるとマシュマロは溶けてゆく

ふんわりした食感と優しい味はなんとも繊細なお菓子。

日本茶にはもちろん、コーヒーにあわせても良い味。

鶴の子は福岡近郊でないと購入できませんが、楽天に公式通販があります。

福岡に行けないけど、どうしても食べてみたい方はお取り寄せできますよ!

数量限定★できたての鶴乃子は特別すぎるマシュマロ!また手にすることはできるのか?

福岡マシュマロ14

実は家に持ち帰る前に食べてしまった特別な鶴の子があります。

『できたての鶴乃子』です。

工場から直送、午後2時から数量限定販売

お店の方に聞くと、柔らかさがぜんぜん違うとのこと。

1パック3個入りを買ってみました。

福岡マシュマロ15

できたての鶴乃子…1個103円(3個で309円)

せっかくの出来立てなので、買ったその日、飛行機の中でいただきました。

福岡マシュマロ17

袋を開けるとふんわり甘い香りが漂って…。

口にいるとすぐに溶けてしまうマシュマロ。

後から餡の甘さがじわじわ~っと広がります。

まるで赤ちゃんのほっぺのように柔らかい感触は箱に入った鶴の子以上。

またこれを食べたいけど…出会える日が来るといいなぁ。

萬年家(はねや)の那の香はさくふわっの新感覚お菓子…オレンジピール好きに是非★

福岡マシュマロ20

那の香(3枚入り)…494円(税込)

萬年家(はねや)は石村萬盛堂の上菓子ブランド。

石村萬盛堂本店ではこちらの販売もあり購入できました。

福岡マシュマロ25

丁寧に包装された包みを開けると、黄色の優しい色合いにオレンジピールが鮮やか。

卵生地の中にオレンジピールが入った和菓子。

福岡マシュマロ24

見た目は落雁のように固そうですが、口に入れるとびっくり。

溶けます。

鶴の子のマシュマロよりも、すぐ溶けます。

ふんわり、じわぁ~と生地が口に広がってすぐに吸収されてしまう。

オレンジピールの爽やかな香りで後味も気持ちがよい。

あまりに美味しかったのにあっという間に食べ終えるので、もっと買えば良かった!

石村萬盛堂本店は2019年1月14日で休業に…歴史ある店内の様子を写真で残します★

福岡マシュマロ4

最初に訪れて驚いたのが本店壁に掛けられたのれん。

福岡マシュマロ5

なんと2019年1月14日でこの立派な本店が休業になるとのお知らせ。

2020年秋にリニューアルオープンの予定。

本店前は、博多祇園山笠のフィナーレ「追い山」のゴール地点「廻り止め」の場所。

建て替え工事に入ってしまうので、フィナーレの場所は変わってしまうのでしょうか?

福岡マシュマロ7

本店の販売スペースの横はお茶菓子を頂きながら歴史を感じられる場所になっています。

福岡マシュマロ6

古いタンス。

福岡マシュマロ9

昔使っていたんでしょうね、鶴の子を作るための木型。

福岡マシュマロ10

歴史を感じる器具が沢山。

福岡マシュマロ8

貴重な品々…、これらも含めて新しい店舗へ引き継いでほしいです。

老舗和菓子店の路面店があちこちで閉店しショッピングセンターに移転…。

商店街のお客さんがショッピングモールに流れているのもあって路面店は厳しい状況。

時代の流れでしょうが寂しいですね…。

石村萬盛堂本店にまた、この地で会えるのを楽しみにしています。

博多土産にとろけるマシュマロ…鶴の子がお勧め★大切な人へ優しいお菓子を贈ろう!

福岡マシュマロ1

柔らかくてぷにぷにっとした高級マシュマロの鶴乃子。

大きいのにふんわりとしているから、するっと何個も入ってしまう。

保存料を使っておらず、体に安心なのも魅力的。

自分へのお土産としてはもちろん、大切な人への贈り物としても大変お勧めです。

まだ食べたことのない方は是非この柔らかさを味わってみて下さいね。

福岡マシュマロ16

※訪問時期…2018年12月下旬

福岡県福岡市博多区須崎町2−1

石村萬盛堂本店 ※2019年1月14日休業

〒812-0028 福岡県福岡市博多区須崎町2−1

http://www.ishimura.co.jp/

-福岡

Copyright© ときめきライツを探して , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.