お散歩

練馬にある首都圏最大の園芸センター「オザキフラワーパーク」へ!

練馬にあるオザキフラワーパークは首都圏最大級の園芸センター。

植物好きなら半日あっても足りないと言われています。

西武新宿線「武蔵関駅」徒歩15分という位置、

植物の持ち運びを考えると公共交通機関の利用は難しくて。

今回はこちら方面に車で行く用事があり、訪れることができました。

まるでジャングル!な…店内は宝探し気分で観葉植物のお買い物

屋上駐車場に止めて、まずやってきたのが2階の観葉植物コーナー。

どこもかしこも植物であふれ、まるでジャングルのよう。

朝は9時からオープンで、10時の到着。

平日だったのでまだ人は少なかったですが、

12時頃には多くのお客さんがやってきていました。

ガジュマルの根が…ぐねぐねして面白い!

買ったらそのまま飾れるような、鉢入りタイプもあり。

鉢植えのデンドロビウム。

華やかで欲しくなっちゃいました。

今回はお目当ては別なのでグッと我慢。

サボテンもた~くさん!花が咲くサボテン…いいなぁ!!

観葉植物コーナー横にサボテンコーナーあり。

ピンクの小さな花がついています。

我が家は伊豆シャボテン公園で買った、種からのサボテンを育てています。

もう20年経ち、30cmの高さまで育ちましたが一向に花が咲きません。

なのでお花のつくサボテン、いいなぁ…って思います。

いろんな種類のサボテン!

まるでまっ黒くろすけの白バージョンとか、白いウニみたい。

整然と並んでいる姿が愛らしい。

アガベが日光に照らされて輝いています。

お目当ての植物はこのサボテンコーナーにあるかと思いましたが

見当たらず。

がっかりしたのも束の間、1階で大量に発見して

このあと時間が足りなくなってしまいました…!

広大な1階ガーデニングゾーン★ハーブから園芸植物、果樹まで盛りだくさん!

1階に降りてみると広大さにびっくり。

屋上駐車場から来たので、正面玄関から入っておらず、

こんなに広いとわからなかったのです。

様々なガーデニング用の植物があり。

植物好きの父が原種水仙の「モノフィラス」をたいそう気に入っていました。

小さくて可憐な水仙。

よく街で見るものとは違って、繊細さを感じます。

お目当てを見つけたのに…時間が足りなさすぎるっ!

とにかく色んな植物がありすぎて…

楽しくって時間が足りませんでした。

1時間で出る予定がすでに2時間。

そんな時にお目当ての多肉植物を発見。

しかも…とんでもなく沢山あって、選ぶのに大パニック!

可愛い多肉植物の様子と購入品は…次回の記事にてご紹介します。

※訪問時期…2021年2月中旬

オザキフラワーパーク

〒177-0045 東京都練馬区石神井台4丁目6−32

https://ozaki-flowerpark.co.jp/

-お散歩

© 2021 ときめきライツを探して Powered by AFFINGER5