北海道

ランプ灯る小樽の素敵カフェ…北一ホール★限定ソフトクリームとピアノ演奏で優雅な時を!

投稿日:2018年10月14日 更新日:

北一ホール1

小樽の街はガラス細工好きにはたまらない最高の場所。

いたるところにガラス製品のお店があり、足がふらふらになるくらいお土産探しに没頭。

そんな時訪れたのが北一硝子3号館に併設する北一ホール

ガラス製の灯油ランプがきらめく店内は天井が高く開放的。

平日限定のピアノ演奏の時に来るとより一層素敵な空間。

限定のソフトクリームと共に落ち着いた雰囲気を楽しめる素敵なカフェは必見です。

北一硝子3号館の入口を入った場所にカフェへつながる扉あり!

北一ホール2

北一ホールの場所は若干わかりずらい。

北一硝子3号館の入口にまず入ります。

北一ホール11

この扉から入って、さらにカフェへと続く扉があります。

昼中でも照明を落としたこの廊下は、よく見ないとカフェを見落としそうになります。

北一ホール12

小樽には人気のソフトクリームが沢山ありますが、

ここにも北一特製ミルクティソフトクリームというものがあるんですね。

北一ホール限定…。

限定に弱い!これを食べることに決定。

石油ランプの優しい灯りに包まれた大空間★雰囲気抜群でデートに超お勧め!

北一ホール4

店内入り口でまず注文とお会計。

セルフサービスなので品物を受け取ってから着席。

照明がかなり落としてあるので、目が慣れるまで席を探すのにちょっと戸惑い。

北一ホール5

店内には167個の石油ランプが灯されています。

テーブルのランプもそう。

朝一番にカフェに来ると、ランプ一つ一つに灯りをともす点灯作業が見れるとのこと。

それも幻想的で素敵ですね。

北一ホール5

天井を見上げるとその広さに驚き。

石の倉庫だったこの建物。石造りといっても木もふんだんに使用され温かい雰囲気。

北一ホール5

このシャンデリアも、朝の点灯時はテーブルの上に降ろされ

店員さんが一つづつ灯りをつけています。

北一ホール10

壁にずら~と飾られたガラス製品。

照らすランプの灯りが反射してそれまた美しい。

外の通りが多くの人でがやがやしている中、ここは別世界。

デートスポットとして最高だと思います。

紅茶好きにたまらない北一特製ミルクティソフト★後味さっぱりで何個も食べたい!

北一ホール6

北一特製ミルクティソフト(右)…450円

本日2個目のソフトクリームとなりました。

小樽には美味しいソフトクリームが沢山で、どれもこれも食べたくて困るくらい。

北一ホール7

茶葉を北海道産牛乳で煮出して作った特製のミルクティ。

それを北海道牛乳ソフトに練りこんで作っています。

ミルクティの味がしっかりするのに甘すぎず、後味すっきり!

紅茶好きにはたまりません。何個でも食べたい味。

平日の午後はピアノの演奏タイムあり!より優雅な雰囲気で最高の空間★

北一ホール8

たまたま入店した時間にピアノの演奏をしていました。

平日の月~金(祝祭日のぞく)の午後に3回、ピアノの生演奏があります。

(14時、15時、16時から各30分間)

素敵だったので動画も撮ってみました。

コーヒー1杯で生演奏まで聞けるなんて…!

ミュージックチャージもないのに贅沢。

北一ホール9

歩き疲れた身体が癒されて、のんびりできました。

ずっといたくなる、ほっとする空間です。

小樽に訪れたら是非訪れて欲しいカフェ!北一ホールでランプの灯りを堪能しよう★

北一ホール3

朝8時45分から点灯作業があり、モーニング、ランチタイムのメニューもある北一ホール。

座席数は80席もあるので訪れやすいと思います。

小樽には人気のカフェが数多いですが、是非ここは立ち寄ってほしい場所。

ここだけ別の時間が流れているような不思議な感覚を味わえます。

温かいランプの灯りを堪能してみて下さい。

※訪問時期…2018年9月下旬

北海道小樽市堺町7−26

北一ホール

〒047-0027 北海道小樽市堺町7−26

-北海道

Copyright© ときめきライツを探して , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.