グルメ

浅草・亀十の絶品どら焼き!通販してないから東京土産にお勧め★

投稿日:

東京3大どら焼きの一つと言われている亀十のどら焼き

1日2,000個以上売れる大人気スイーツで、

浅草雷門そばにある店舗は常に行列。

通販をしていないどら焼きは、浅草店舗と催事以外でお買い上げできないため

東京土産にはぴったり!

今回は平日に訪れた様子とお味のレポを致します。

平日金曜の夕方に閑散とした浅草を訪れる!

浅草に来たのは半年ぶり。用事があり2月の平日午後に訪れました。

感染症が流行って1年。

平日でも観光客であふれていた浅草は、寂しくなるくらい空いていました。

あちらこちら、閉まっているお店があり不景気を感じます。

「まるごと日本」という全国の物産展が入っていた商業施設、

以前来たとき楽しくて記憶にあったのですが、閉店。

今後はユニクロが入ると張り紙が…。

なんてつまらない街になっていくんでしょう。

平日でも大人気の亀十…行列に並ぶ!

雷門そばの亀十に着いたのは17時。

店舗に入りきれない行列は、バス停前から新たに伸びています。

閑散とした浅草でも、亀十の人気は続いていました。

店舗内に10組、バス停前に5名が並んでいます。

※店舗の写真は人が沢山映るため、撮っていません。

並んでから10分で購入。

少ない行列と思っていましたが、

みなさん、どら焼き10個とか大量に買うので時間がかかります。

買い終わった後、さらに行列は伸びていました。

土日だと1時間待ちもざらにあるそうです。

どら焼のお日持ちは購入日から3日間。

それだけあると、地方に東京土産として持っていけますね。

お日持ち当日中だと、お土産にするのは結構難しいので。

黒餡と白餡の2種類のどら焼きを購入★

亀十のどら焼きは黒餡、白餡の2種類。

白のほうが人気が高いということで、白2つ、黒1つをお買い上げ。

袋から出してしまうと、見た目はどちらもいっしょ。

見分けがつかなくなります。

亀十のどら焼きはボリュームたっぷり。

サイズが大きいです。

1つ1つがずっしり。

亀十のどら焼き(黒餡)の感想

どら焼き(黒餡)…360円(税込み)

黄金色の文字入りが黒あんのどら焼き。

他店舗だと200円程のどら焼きですが、亀十は300円超え。

サイズが大きいから…でしょうね。

生地の表面の焦げが独特。

うさぎやのような、滑らかな感じではありません。

粒あんがみっしり詰まっています。

肝心のお味…

生地がとにかく甘い!食感はパンケーキのようにふわふわ。

餡はすっきりした甘さ。

粒あんも美味しいのだけど、生地の甘さのほうが目立つ。

亀十のどら焼き(白餡)の感想

どら焼き(白餡)…360円(税込み)

人気の高い白餡。

割ってみると、生地が大きいので、

それに対しての餡の量が少なく感じます。

黒餡に比べると白餡のほうが甘い。

甘いふわふわの生地と、甘い餡で、和菓子というより洋菓子な風味。

亀十でどら焼きなら黒餡が好み。

甘い生地にすっきりさのある黒餡がよく合う。

ただ…どら焼きそのものは、うさぎやのほうが、生地と餡のバランスが好き。

うさぎや7
日本橋のどら焼き有名店「うさぎや」は予約して売り切れを回避しよう!

日本橋の老舗和菓子店「うさぎや」はどら焼きが看板メニュー。 連日行列が絶えない人気店です。 昼過ぎに売り切れになることも多いと聞いたので、 買いに行く当日の午前中に予約の電話をして、お昼に取りにいきま ...

続きを見る

ふわふわ生地がお好みなら亀十のどら焼き!東京のお土産に嬉しいよ★

1個あるだけで十分なボリューム感、ふわっふわ生地が魅力の亀十どら焼き。

ガツンっと食べたい方にお勧めです。

購入できるのが店舗と催事のみですので、東京のお土産にぴったり。

全国百貨店内の常設店舗があるようなお店ですと、

東京土産…という魅力が薄まるんですよね。

浅草に来たら、是非立ち寄りたい和菓子店です。

※購入時期…2021年2月下旬

亀十

〒111-0034 東京都台東区雷門2丁目18−11

-グルメ

Copyright© ときめきライツを探して , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.