香川

栗林公園で絶対訪れたい掬月亭…楽しみはお茶だけでない!殿様気分で庭園を眺めよう

投稿日:2020年12月3日 更新日:

菊亭1

香川県の有名スポット栗林公園。

ミシュラングリーンガイドにも選出された世界的にも美しい公園。

その中にある掬月亭(きくげつてい)はお茶を楽しめるだけでなく

建物自体がこのお庭を存分に楽しむために作られたと実感できるもの。

歴代のお殿様が眺めた景色を追体験してみましょう。

掬月亭でお茶をするならうどん県おもてなしパスポート提示で割引有り!

 

菊亭15

掬月亭は歴代の藩主が大茶屋として利用していたお屋敷。

池に浮いているように見える外観、内側からの眺めも気になるところでした。

菊亭13

広い栗林公園内で貴重な休憩スポットでもある掬月亭。

入場するにはお茶の代金が必要です。

この時、持っていたら提示したいのがこちら。

菊亭16

うどん県おもてなしパスポート

各種施設(高松空港含む)でいただけるこのパスポートは多くの場所で割引有り。

栗林公園の入場料が団体割引料金適用となるだけでなく

掬月亭のお茶まで割引に!

菊亭17

抹茶…700円→500円

煎茶…500円→400円

ワンコインでお抹茶とお菓子がいただけるなんてラッキー!ということで

お抹茶を選択して入場。

座敷もテーブル席もあり。眺めの良さならお座敷へ…

菊亭4

お茶を頂く席は青いシートの上。

お座敷もテーブル席もあるけれど、お座敷のほうが窓からの景色を眺めやすい。

菊亭2

お抹茶とお菓子の登場。

このお菓子は高松市の老舗和菓子店「陣屋」の「献上栗」というもの。

江戸時代、高松藩は栗林荘(栗林公園の前身)でとれた栗を将軍家に献上していた、

その伝統を守るという意味合いもあってのお菓子。

甘い栗あんがお抹茶の苦みをマイルドにしてくれました。

菊亭5

美しい日本庭園を見ながらのお茶タイム。

これだけでも満足なのですが、ここは是非、もっと内部も見てほしい建物。

日本建築がよくわからなくても、すごさを感じました。

掬月亭は見た目以上に広い!庭と一体となった造りはどこも美しい絵のごとく。

菊亭6

掬月亭は江戸時代初期に建てられた数寄屋づくりの建物。

壁が少なく、柱は細いのに現在まで健在。

お手入れをしているとはいえ、耐震はどのようになっているのか不思議。

菊亭7

入る前は気づきませんでしたが、結構広い。

そしてどこを見ても綺麗。

菊亭8

長い縁側。

ところどころにあるお水の張ってある石。

菊亭11

この奥の部屋に入るための入り口の飾りも美しい。

コロナで観光客が減り、特に外国人が全くいなくなり、

ものすごーく、じっくり鑑賞できる機会とのこと。

この日は天気も曇り時々雨だったのもありますが土曜日。

まだ紅葉にはやや早かったとはいえ、

人がほぼ写らない状態で撮影できるほど、名勝地が空いているんです…

掬亭0

お庭がまるで絵のように楽しめる建築方法。

移ろう季節を感じられます。

お殿様目線でお庭の景色を堪能しよう★掬月亭で一番のビューポイントへ…

菊亭12

掬月亭で一番のビュースポットがこちら。

歴代のお殿様がここからの景色を楽しんでいたそうです。

庭と一体化したような造り。

菊亭9

支えている柱が細いので、景色がよく見える。

菊亭10

時間の流れを忘れるくらい、掬月亭をじっくり見ていました。

お天気が曇りと雨で残念でしたが

逆にそのほうがお屋敷内から外を撮った時に緑が綺麗に映るんですよ、とスタッフの方。

紅葉や桜の季節にまた訪れたくなりました。

掬月亭でお茶と共に最高の景色を楽しもう!季節を問わず素晴らしい場所。

菊亭3

当初は広い庭園内で休憩できる場所としか考えていなかったのですが

訪れてびっくり。

美しい建物、そこから見る庭園がまた格別でした。

掬月亭内には沢山のスタッフがいて、建物の説明や写真撮影補助等、サービスも抜群。

栗林公園に来たら是非訪れてほしいスポットです。

菊亭14

※訪問時期…2020年11月上旬

掬月亭

〒760-0073 香川県高松市栗林町1丁目20番16号 栗林公園内

-香川

Copyright© ときめきライツを探して , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.