ときめきライツを探して

2017年11月~日光日帰り旅行まとめ~個人旅行で東照宮と華厳の滝を堪能

      2017/12/25

日光まとめ1

2017年11月上旬に決行した『日光』日帰り弾丸旅行。

東京からフラッと行くことができますが日帰りって結構忙しい。

できれば宿泊してのんびり…がお勧めですが時間がなく、バスツアーでもなく、

個人で日光を日帰り旅行したい方向けに今回の工程・注意点など公開します。

6時30分…浅草から『リバティけごん』で出発!朝ごはんの用意はしておくべし★

日光まとめ5

2017年11月、3連休前の平日。東京から日光へはバスツアーを考えていました。

ただツアーだと東照宮をゆっくり見れない。華厳の滝もまわるプランが少ない事があり個人手配にしました。

朝、日光に向かういちばん早い電車…6時30分浅草駅発のリバティけごんを予約済み。

浅草から東武日光駅までは特急リバティで1人2800円。(片道分、特急料金込み)

東武のサイトから前日に予約。座席指定もできます。

日光まとめ6

東武の浅草駅で駅弁も販売しているのですが…種類が少ない!

朝6時ではまだ準備し始めといった感じで、これから並べようとしているのを横目で見つつ…。

朝一で電車に乗る方は朝ごはんは食べてくるか、コンビニで買っておいた方が良いです。

8時22分…東武日光駅到着。周遊チケットを買いすぐさまバスで華厳の滝を目指す!

日光まとめ2

当初、朝一が空いていてお勧めとのことで日光東照宮へまず行く予定でした。

ですがバスに並ぶ観光客の凄さに圧倒され…、華厳の滝を先に行くように変更。

そうでないと華厳の滝へ行くバスに午後は乗れないような気がしたんです。

それぐらいバスの本数と乗りたい人の需要と供給が間に合ってないと感じました。

華厳の滝2

華厳の滝のある『中禅寺温泉』までバスで行くには周遊チケット2000円を買うのがお得。

日光駅で購入可能なので電車で付いたら周遊チケットを買ってバス停へ行きましょう。

華厳の滝の詳細は下記へ。

紅葉の時期に華厳の滝へ…アクセスはバスで行くならフリーパスが安くてお勧め!
日光の華厳の滝は日本三名瀑の一つ。「日本三名瀑」とは 栃木県の華厳の滝、茨城県の袋田の滝、和歌山県の那智の滝。秋の紅葉の時期はそれは綺麗なんだろうな…と東京か...

東武日光駅から華厳の滝もよりバス停『中禅寺温泉』はバスで片道50分。

往復で2時間もかかるのでバスの時間は要注意!

また、うねうねで有名ないろは坂をバス内で立ったまま移動とならないように…早めにバス停にいっておきましょう。

13時05分…ランチのため『みはし』へ。老舗ステーキ店で上質なお肉を堪能!

みはしステーキ11

ランチは有名フォトスポット『神橋』のそばにある『みはし』にて。

上質だけどリーズナブルにいただけるステーキが人気のお店。

日光・観光に来たらステーキランチは「みはし」にて!有名チーズケーキのニルバー...
世界遺産になった日光東照宮。何十年かぶりに見に行ってきました。大人になってから改めて見ると全く違う見え方をして楽しいですね。さて、日光観光でランチに選んだの...

日光は湯葉も有名ですが、ランチは予約必須や数量限定が多いです。

確実に行きたいお店がある方は予約がベター。

14時30分…神橋で撮影。美しい朱色の橋とブルーの川の流れに癒される★

神橋1

日光での抜群のフォトスポットである『神橋』へ。

日光東照宮に行くなら…神橋へ!朱色の橋と大谷川の美しさは絶景フォトスポット★
日光に来たら日光東照宮へは必ず寄るのではないかというくらい有名な世界遺産。日光駅から東照宮へ行く途中にあるのが今回ご紹介する『神橋』という朱色の美しい橋です...

ランチをした『みはし』から5分もかからない場所。

こちらを見て歩いて日光東照宮へ向かいます。(神橋から徒歩10分程)

15時…日光東照宮に到着。あと1時間で閉門だけど観光客はた~くさん!

日光東照宮1

世界遺産の『日光東照宮』にやっと到着。

近辺には日光二荒山神社、日光山輪王寺もありますがとても時間がなくて見れません。

閉門が16時であと1時間に迫るも、観光客が次から次にやってきて大変な人気です。

世界遺産の日光東照宮は外国人観光客で平日でも劇混み!のんびり見るなら朝一で…
1999年に世界遺産となった『日光東照宮』。2013年から始まった平成の大改修で眠り猫等、美しく鮮やかによみがえっています。日光に来るのはここに来るため…と言っていい...

平日だというのにとにかく外国人観光客が多くて。

土日はどうなってしまうんだろう…と考えると怖いです。

19時18分…リバティけごんにて帰宅。夕飯に駅弁は絶望的なのでよ~く考えるべし!

日光まとめ7

日光のお寺は16時閉門が多いため、その時刻を過ぎるとやることがない。

お店も17時には閉まるところ多数。

駅で夕飯代わりの駅弁を買おうとしたら全て売り切れ。

『えっ…帰りの電車まであと2時間以上もあるのにどうしよう!?』

駅の待つスペースは狭くて寒いし、行き場のない観光客であふれかえり。

11月上旬でも夜は寒く、少しでも暖をとろうと飲食店を目指すが…とにかくやってない所ばかり。

駅そばの居酒屋はキャパオーバーで飲み物をだすことさえ相当な時間がかかるとお断りされ…。

リバティけごんは車内販売もないので結局、東京に帰るまで空腹と戦っていました。

日光日帰り旅行まとめ…できれば1泊するのがベター。帰るなら夕方早めが効率良い!

華厳の滝17

世界遺産で有名となり沢山の観光客が訪れているのは素晴らしいのですが、

バスという公共機関、周りの飲食店、いろんなものが需要と供給があっていないと感じた今回の旅行。

平日でもこれだけの集客があるのに、17時には閉まってしまう飲食店の多さ。

行き場のない観光客。特に言葉の通じない外国人にとっては悲惨かもしれません。

日帰りだったのでゆっくりできるよう電車を19時台にしましたが1時間早めて東京で夕飯にすればよかったかも。

もしくはやはり1泊2日にして、初日は東照宮近辺をゆっくり見て中禅寺湖に移動、宿泊。2日目に華厳の滝やその周辺をみて夕方までに帰宅。

そんなルートがお勧めと思います。

東照宮の建築は東洋一!と言われるのも納得な美しさなので、上手く時間をとってじっくり堪能してくださいね。

唐門1

※訪問時期…2017年11月

 - 栃木