ときめきライツを探して

モルディブのアミラフシ!230平米もあるオーシャンラグーンハウス宿泊レポ①

   

OceanLagoon House13

ソーダブルーの海が見れる国『モルディブ』

ずっと行ってみたかった憧れの国。

1つの島に1つのホテルだからホテル選びは重要ポイント。

数あるホテルの中から選んだのはバア環礁にあるアミラフシ。

STWのツアーで選べるお部屋は

サンセットの美しいラグーンハウスかドロップオフの近いオーシャンリーフハウス。

今回ラグーンハウスに5泊を希望だったところ

満室のため2泊をラグーンハウス、3泊を1つ上のカテゴリーの

オーシャンラグーンハウスにて手配してもらいました。

オーシャンリーフハウスだとさらに上のカテゴリーのため金銭的にきつかったので

特別なアレンジをしてもらえて助かったんです。

さて…STWツアーになかったこのオーシャンラグーンハウス。

どんなお部屋だったのかご紹介します。

 ※サンセットの美しい「ラグーンハウス」レポはこちらへ…

http://chocolatlemon.com/maldives/amillafushi/lagoonhouse-1

230平米もあるオーシャンラグーンハウス!砂州のそばに建つ一棟独立型

 OceanLagoon House2

アミラフシは1周45分程のリゾート。

島には砂州とラグーンがありソーダブルーの海を楽しめます。

そんな砂州を取り囲むようにあるのが今回ご紹介するオーシャンラグーンハウス。

OceanLagoon House3

白で統一された近代的な建物、部屋ごとに備え付けの自転車などは

ラグーンハウスと変わらず。

OceanLagoon House4

お部屋内は230平米あり200平米のラグーンハウスより広い!

30平米の差がここまで違いを出すのか!?と驚きました。

 リビングスペースが広い!ベッドルームと分かれているからラグーンハウスより落ち着ける

OceanLagoon House5

入口を入ると広がっているリビングスペース。

ラグーンハウスではベッドの前のスペースにソファがあるのみ。

このお部屋はリビングとベッドのスペースが分かれています。

OceanLagoon House6

ソファの後ろにデスクとカフェコーナー。

OceanLagoon House7

エスプレッソマシーン、ティープレッソマシーン完備。

味の種類等はラグーンハウスと同じ。

OceanLagoon House8

カップも豊富だから毎日沢山、いろんなお茶を楽しめる☆

OceanLagoon House9

ラグーンハウスではお水がペットボトルだったけど

オーシャンラグーンではガラス瓶。

この違いはなんだろう…?より高級感を出しているのかしら?

OceanLagoon House10

氷のサービスは同じ。

OceanLagoon House11

朝と夕方に氷の補充があるから冷たいお水がいただけるの有難い!

OceanLagoon House12

 白と青で統一されたお部屋内は爽やかで落ち着いた雰囲気。

ラグーンハウスにはなかったリビングスペースが嬉しいポイント。

特大サイズのベッド!さらに大きなワードローブにはどれだけのお洋服かけれるんだろう?

OceanLagoon House14

リビング横のチェアを抜けると…

OceanLagoon House15

ベッドスペース。

キングサイズだよね…とっても大きいよ!

OceanLagoon House16

シンプルにまとめられて落ち着く~。

Lagoon House6

変圧器のいらないマルチコンセントが完備なのはアミラフシの良いポイント!

ベッドサイドにはひろ~いワードローブ。

OceanLagoon House17

こんなに必要かな…?

ファミリー用だろうか?

ウェディングドレス持ってきても十分かけれるくらいの大きさです。

OceanLagoon House18

ベッドとサンデッキの間にちょっとしたベンチとテレビ付き。

テレビはリビングと2台もある。

しかも映画が見放題とのこと。(英語だけかな?)

映画好きにはもってこいだけど、あまりTVが好きでないのもあって一度も見ませんでした。

お風呂タイムはシャワーとバスタブが近いのが便利☆化粧室も明るくて綺麗だよ

OceanLagoon House20

バスルーム。

シンプルにまとめられてる!

OceanLagoon House21

バスタブのすぐ横がシャワールームだから浸かる時に楽。

ラグーンハウスのお部屋だとバスタブから海が見れるけど

シャワールームが離れているからちょっと不便なんです。

OceanLagoon House23

ボディタオルとバスソルト。

OceanLagoon House30

お湯を張ると水色に見える。

バスソルトの補充はなかったから毎日バスタブに浸かりたい、

何か入れたいって人は持っていくと良いかも。

OceanLagoon House24

バスルームの横にドレッシングルーム。

OceanLagoon House25

2面ボールが本当に嬉しい。

実際の家でも2面ボールだったらよいのに…ひしひし思う。

OceanLagoon House26

シャンプーやリンス、ハンドソープ、ハンドクリームはAesop(イソップ)。

オーストラリアの自然派コスメブランドのイソップ。

アミラフシでは外の化粧室でもイソップのハンドソープだから全室統一されている模様。

アメニティは面棒、コットン、ヘアキャップ、ヘアブラシ、サニタリーバッグ、ソーイングセット。

歯ブラシはスタッフに言えばもらえるかもしれないけど日本から持参がベター。

OceanLagoon House27

ベッドスペースの後ろ側が洗面とバススペース。

さらに玄関に向かって行く途中にお手洗い。

OceanLagoon House28

ラグーンハウスのお手洗い、写真撮り忘れたんですが風を感じる構造です。隙間風が入ってきてしまう。

ここオーシャンラグーンハウスのトイレはしっかり室内!

天井から日の光は差し込み明るいですが風は吹き込みません。

さすがオーシャンラグーンハウスのサンデッキ!広いスペースはくつろぎ抜群☆

OceanLagoon House1

ラグーンハウスの1つ上のカテゴリーのお部屋、

オーシャンラグーンハウスの室内はリビングとベッドのスペースが分かれていてより滞在しやすい構造です。

さらにサンデッキスペースも充実!

その様子は長くなりましたので後編でお伝えします。

※オーシャンラグーンハウスのサンデッキの様子はこちらへ…

http://chocolatlemon.com/maldives/amillafushi/oceanlagoon-house2

※旅行時期…2017年2月

 - アミラフシ