ときめきライツを探して

ハワイの絶賛ステーキを食べにハイズステーキハウス・ワイキキへ!服装決めてオシャレにGO☆

   

hyssteak1

ハワイに行ったらなんといってもステーキを食べなくちゃ!

アメリカらしいボリュームたっぷり、がっつりステーキは是非食べたい1品です。

よくメディアに登場するのはウルフギャング・ステーキハウス。

そちらも迷ったのですが今回行ってみたのが

ハイズ・ステーキハウス(HY’S Steak House)。

トリップアドバイザーホノルルレストランランキング9位/1769件!

ウルフギャング(89位/1769件)よりダントツに人気が高かったので選びました。

サービスの質も良く是非ドレスアップして行きたい素敵な高級ステーキ店です。

 ハイズステーキハウスは予約必須!公式HPはOpenTable利用で簡単に完了☆

hyssteak2 ハイズステーキハウスはウルフギャングと同じように人気の高い高級ステーキ店!

ネットから予約がベストです。

メールができる人なら簡単に完了。

公式HPにアクセスしてReservationsで記入するのみ。

https://hyswaikiki.com/

日程と時間、人数を入れると空席情報がわかり希望を選択すると

名前、電話番号、メアドの登録欄がでてきます。

メニューは当日選ぶため特に記載はなし。レストランへのリクエストは「Add a special request」の欄に記入を。

後は送信して完了。

 OpenTableという予約システムを使用しているのでのちほど登録したアドレスに

予約完了のメールが届きます。

利用日近くにはお知らせのメールが届く充実ぶり!

予約をキャンセルしたい場合はメールのリンクから。

わざわざお店に直接電話しなくても予約ができるのは助かりますね!

 場所がちょっとわかりずらいハイズステーキハウス。中に入ると別世界に驚くよ☆

 hyssteak3

ハイズステーキハウスの場所はハワイと言ったらココ!なメインのカラカウア通りから

1本奥のクヒオ通り沿い。

たった1本の違いなのに雰囲気はかなり変わってローカル感が出ているクヒオ通り。

こんなところに高級ステーキ店があるのか?と疑う感じです。

 目印は道路沿いに見える看板。そして…

vivehotel

バイブホテル ワイキキ(Vive Hotel)のお隣です。 

こちらは今回のハワイ旅行で2つ目に泊まったホテル!

英語オンリーで日本人がほとんどいないリーズナブルなホテル。

隣だから夜遅くなっても飲んだくれても大丈夫!!

ハイズステーキハウス

HY’S Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)

2440 Kuhio Avenue Honolulu

Tギャラリアからは歩いて20分くらい。

ハレクラニやシェラトンなどワイキキビーチ奥のホテルからお越しの方はタクシーやバス、トロリー利用が便利です。

さて、こちらのハイズステーキは通りに沿って看板は見えるのに

店舗は少し奥まった場所に。

駐車場方面に歩いて奥へ行くと入口が。

中に入ると…重厚な空間が広がっていて外とのギャップに驚きです。

hyssteak4

 

中はかなり広く、奥の一段上がった場所に通されました。

他の口コミを見ましたがこの場所がどうやら日本人客を固めて配置しているようです。

GWということもあり、食事の後半はこの場所だけ日本人だらけの空間になっていました。

hyswaikiki2

流石人気店だけあって月曜にもかかわらずテーブルはほぼ満席状態。

空いてもすぐにお皿がセッティングされ新しいお客さんが入って行きます。

服装はキレイめな格好が多いです。

男性はドレスコードがあり予約のメールにも以下の文章。

Hy’s Steakhouse enforces a strict dress code policy. Collared Shirts and Covered Shoes are required. No swimwear or baseball caps.

襟付きのシャツと甲の隠れる靴が必要。(TシャツはサンダルはNG)水着、野球帽はNG。

面倒ならばハワイの正装であるアロハシャツがお勧め。

女性もドレスとまでいかなくともオシャレな格好(ワンピースなど)がよい!

ラフな方はいらっしゃいますが浮いてます。

ウェイターさんが蝶ネクタイにジャケットの正装なんですよ。

店員さんの立場だったら、ドレッシーな人とパーカー&ジーンズの人、どちらによりサービスしたいですか?

素敵なサービスを受けたいのなら、こちらもそれなりに整えるべきです。

目の前で盛りつけてくれるパフォーマンスはハイズステーキならでは!チーズブレッドのサービスも嬉しい☆

hyssteak5

こちら日本語メニューもあるので安心!店員さんも日本語できる方もいました。

ゴールデンウィーク中ということで特別セットメニューの案内も。

ゴールデンウィークスペシャルコースメニュー(一人90ドル)の内容

シーフードの盛り合わせ

サラダ or 本日のスープ

シャトーブリアン ステーキ

デザート各種※フランベは2人以上で注文

単品でいろいろ考えていましたがシーフードの盛り合わせは食べたかったし、

せっかくだからとスペシャルコースに決定です!

hyssteak6

1皿目にサービスでチーズブレッドが登場。

口コミ人気の高いこちらはチーズがしみ込んでいて中はしっとり。

周りはサクッサクで沢山食べたくなります。温かいうちに食べるのがポイント。

hyssteak7

コースメニューに突入。

前菜のシーフードの盛り合わせが登場!

日本風にしょうゆやワサビも付いてます。いっしょにケチャップも!

hyssteak7

ワサビの盛りつけが丸くてカワイイ。

マグロはお刺身そのもの。ホタテも大きくて美味しい!

何より真ん中に盛られている海老が大きい!

殻付きの牡蠣もプルプル。カニやオマールエビまで…。

ボリュームたっぷりでこれだけでもお腹が膨れてきます。

hyssteak8

次がアスパラガスのポタージュスープ。

これは味が濃い!ちょっとこってりしすぎかな。

このあとにお肉が来るのにずっしりと重かった。

hyssteak9

相方はサラダを選択。

特徴はないサラダだけどあっさりして食べやすい。

スープよりサラダにすれば良かったな。

サラダとスープの量はちょうど1人分で食べきりサイズ。

hyssteak10

食べ終わると…ワゴンにのってお肉の塊と野菜がやってきた!

何とシャトーブリアンだと目の前でパフォーマンスしてくれるんです。

hyssteak13

カセットコンロがセットされ野菜を焼いて…

いい焼き色になった野菜をこれまた丁寧にお皿に盛りつけ。

メインのお肉も大きな塊ごと鉄板で焼き色をつけて4等分に切り分け。

2枚づつお皿にサーブ。

hyssteak11

うっとりする手つきで盛られた野菜とお肉。

素敵なパフォーマンス!

それだけでも感動だけどさらにお肉を口に入れて幸せに…!

アメリカのお肉というと固ーいイメージですが

さすがシャトーブリアン!

めちゃめちゃ柔らかい!!

hyssteak14

シャトーブリアンにはハイズ特製のベアルネーズソース付き。

バターと卵黄を使ったフランス伝統のソースで濃厚な味がステーキをぐっと美味しくさせます。

メイン料理には全て選べる付け合わせ付き。ベイクドポテト、マッシュポテト、フライドポテト、ライス、玄米から1人1種。

今回はフライドポテトとマッシュポテトに。

クリームのように盛られたマッシュポテト、クリーミーで美味しかった!

フライドポテトより断然お勧めです!

シャトーブリアンでないお肉ならばハワイ産の香木「キアヴェ」の炭で焼いたものが出てくるそうなのでこちらも食べてみたくなりました。

hyswaikiki13

最後にデザート。

ハイズステーキハウスはデザートの『フランベ』が人気!

青い炎を操りながら目の前で作ってくれる温かいソース。

これかけたアイスクリームは絶品です。

是非フランべを選んで見て下さいね。

hyswaikiki14

周りのテーブルの人も見惚れてしまうフランべの様子はこちらへ↓

ハワイの絶賛デザート☆ハイズステーキハウスで炎パフォーマンスのフランべを!

特別なディナーはお値段張るけど料理もサービスも最高のハイズステーキハウスへ!

hyssteak15

ハイズステーキハウスは最近では減っているパフォーマンスを見ながら

お食事ができる高級ステーキ店。

まるで松坂牛で有名な「和田金」のようです。

途中食事が美味しいか聞きにきてくれたり、

写真を撮りましょうか?と言ってくれるなどサービスもしっかり!

しかも、お腹がいっぱいになりメインのお肉…ほとんど残してしまったのですがテイクアウトにも対応してくれました!

その記事はこちらへどうぞ!↓

ハワイの高級ステーキ店ハイズステーキでお持ち帰りできるかチャレンジしてみた!

美味しいステーキと素敵なサービス。シックで重厚な内装。

特別なディナーにはハイズステーキハウスがお勧めです!

~記事内容は2016年5月旅行時のものです~

 - グルメ