ときめきライツを探して

ハワイの高級ステーキ店ハイズステーキでお持ち帰りできるかチャレンジしてみた!

   

hyssteak10

レストランで残してしまった料理を持ち帰る…

日本だと衛生上禁止だったりしますね。

ですがハワイでは安いファストフード店でも高級なレストランでも

お持ち帰り可能と言われています。

にわかに信じがたい事でしたが今回身をもって知ることになりました。

 ハイズステーキハウスにて…量が多くて食べ切れない!どうしよう…と困惑!!

hyssteak13

 HY’S Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)はウルフギャングと並ぶ

ハワイの高級レストラン。

重厚な内装とタキシード姿のウェイターさん。

ステーキやデザートを目の前でサーブしてくれるパフォーマンスも魅力的な

正統派高級ステーキ店。

今回こちらのディナーを予約し日本人向けのゴールデンウィーク特別コースメニューを選択。

シーフードの盛り合わせ、スープ、シャトーブリアンとデザートで1人90ドル。

余裕で食べきれるだろう…そう思っていました。

シーフードの盛り合わせがたっぷりだったこと、

ハワイでの最後の夜ごはんで胸がいっぱいだったこと…

やわらかくて美味しいステーキなのになぜかお腹がいっぱいで全然食べられない。

相方もステーキは何とか食べきったけれど

付け合わせのポテトはほとんど手つかず。

このあと楽しみなデザートもあるのにどうしよう…

こんなに残すなんてもったいないよ…

めちゃくちゃ動揺してきました。

 近くのパーティーをしている外人が『お持ち帰り』をしているのを発見!

 hyswaikiki2

こんな高級店でも本当にお持ち帰りができるのか…。

かなり不安でウェイターさんに聞くことができず。

ふと近くのテーブル席でパーティーをしているドレスアップした外国の方を見たんです。

大きな体できっと料理もぺろりだったんだろう…。

「あらっ?」

ウェイターさんがなにかビニールに入れたお弁当のようなものを渡している…。

一瞬でそれが「お持ち帰り」の食事だと分かりました。

あんなに体の大きな人でも食べきれなくてお持ち帰りするんだ!

ここまでの高級店でも!!

だったら日本人が持ち帰りお願いしても不思議じゃないよね!

ハワイ7日目最後の夜にして初めて『To Go』をしてみることにしました。

お持ち帰りはテイクアウトではなく『To Go』で…簡単な英語でなんとかなった!

 hyssteak11

英語ができるわけではないのですが

お持ち帰りしたことを頑張って伝えなくてはなりません。

ウェイターさんに声をかけて…

It `s so delicious! イッツソーデリシャス! これはとても美味しい!

But I`m full. バット アイム フル  でもお腹がいっぱい。

To go please. トゥ ゴー プリーズ お持ち帰りお願いします。

 これで理解してもらえました!

お持ち帰りはテイクアウトではなく「To go」を使います。

間違えやすいのでここのみ要注意ですね!

 どれを持ち帰りたいのか聞かれるのでステーキとマッシュポテト、フライドポテトのお皿を指さしました。

togo2

シャトーブリアンに付いているハイズ特製のベアルネーズソースは

新しいものを入れてくれるとのこと。

 togo1

しばらくすると白のビニール袋に入ったBOXを持ってきてくれました。

近くのテーブルにいた外国のかたと同じ!!

 これでデザートもしっかりと楽しむことができました。

 togo3

翌朝ホテルにてお持ち帰りしたBOXを開けるとこんな感じ。

それぞれの具材がアルミホイルに包まれています。

 togo4

シャトーブリアンもしっかり入っている!

朝から何て豪華なお弁当なんでしょう…!

美味しく頂きました☆

ハワイではTo Goを高級レストランでも使えた!

 ワイキキビーチ

日本ではなかなかお持ち帰りできない残してしまった食事。

それを外国でするのはハードルが高いですが

上手く「To Go」を使いたいですね。

本当は残さず食べきれる量を注文できれば一番ですが

量ってなかなかわからないモノです。

無理して気持ち悪くなったり、沢山残したまま下げてもらう事の方がよっぽど失礼なんですって。ハワイでは恥ずかしがらず『To Go』使って行きましょう!

 

~記事内容は2016年5月旅行時のものです~

 - グルメ